【ノウハウ】ただ撮ればいい訳じゃない!自撮りの撮り方

こんばんは。

 

 

大笑育児とママ起業

小桧山(こひやま)美由紀です。

 

 

【自撮りの撮り方】

 

 

今日は、

 

 

 

SNSを開ければ

目にしない日はないと言う

 

 

 

自撮りについて

お伝えしたいと思います・・・!

 

 

{05B26F46-BB75-4A5E-A628-7D275AF0888D}
自撮りらしい、ポーズをしてみました笑

 

 

Facebookを開ければ自撮りの嵐

 

 

 

私ってかわいいでしょう
私って美しいでしょう

 

みんなそんなことを思って

載せているのでしょうか?

 

 

 

答えは・・・Noです!

 

 

 

では、何の為に

わざわざ自分の顔を写真に撮って

SNSにアップしているのでしょうか?

 

 

 

それは・・・

 

 

 

顔の良し悪しを見せたいわけではなく

 

 

 

選挙ポスターと同じ効果

を狙っているからなんです!

 

 

 

{C25B72B9-12AB-4FDC-8DF3-6C780E5DEB4E}

 

 

 

 

 

あの方々も

自分の顔が良い悪いに関わらず

 

必ず自分の顔写真を

選挙ポスターにしてますよね。

 

 

 

まずは顔を出して覚えてもらう

 

 

 

それが本来の目的なんです。

 

 

 

もちろん悪いよりは

良い顔の方がいいと思うので

 

 

 

今日は

 

少しでも好印象に見える

自撮りの撮り方について

 

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

まずは、オススメのカメラアプリ

ビューティープラスです。

 

 

 

 

恐ろしいほど肌が綺麗になり

目が大きくなり

 

 

 

実物とはだいぶ

かけ離れてしまうところもあるけど

 

 

 

一枚で決まる

私も愛用の神アプリです!笑

 

 

 

あまりに素敵に

加工されてしまうので

 

 

 

たまに自分の姿が

本当にこんなのではないかと

勘違いしてしまいそうになりますが・・・

 

 

 

それが逆にアファメーション効果になって

とっても良い影響を与えてくれるんです。笑

 

 

 

そう思い込むことで本当に

段々それに近づいていくのです。

 

 

 

余談でした。

 

 

 

話を戻しますけれど、

 

 

 

そのように加工アプリを使うのは

ズルいと思われる方も

いらっしゃるかもしれませんが

 

 

 

大抵の方は

加工アプリを使っているし

普通のカメラを使っていたとしても

その後は加工していることが普通です。

 

 

 

ビューティープラスを使うと

どれくらい変わるのかと言うと

 

 

 

それは私のYoutubeと見比べてください。

そして画面を見て笑ってやってください。笑

 

 

 

 

とにかくそれほどすごい神アプリです!

 

 

 

ビューティープラスの紹介は

ここまでにして、

 

 

 

 

 

次に

 

自撮りのサイズ

 

写真全体に対しての顔の割合や

 

背景の写し方について

 

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

まず写真の大きさですが・・・

 

 

 

1:1の正方形のサイズを

オススメします。

 

 

 

Instagramでは正方形が基本ですので

最初から1:1で撮影しとけば

投稿時に加工の手間がないし

 

 

 

Facebookでも

あまり大きな長方形画像をすると

 

 

 

ドーンと顔が

大きくなってしまい

 

 

{E1E42D65-A0CA-4439-BA48-4AD49DEEF67C}

 

 

ちょっとびっくりしてしまうし

 

若干引いてしまう場合もあるからです。

 

 

 

そして、その1:1の正方形の写真の全体に

顔を目一杯移すのではなく、

 

 

 

自分の顔は写真全体の

2分の1以下に抑えましょう。

 

 

 

あくまで好印象が大切です。

 

 

ですから、顔のドアップは必要ないのです。

 

 

 

 

 

背景についてですが

 

 

お出かけ先などでは

その周りの様子がわかるように

 

 

 

自分の顔の横に

背景が映るように

撮影していきましょう。

 

 

{A714B9C6-0210-4C29-B10A-6B4A3E83A28F}

 

 

 

 

 

子供と遊んでる時は

その様子が何気なく見えるような感じに。

 

 

 

どこかにお出掛けしてる時は

その場所が映るように撮るのが

ポイントになってきます♩

 

 

 

そうすれば

自分の顔もきちんと映るし

その場雰囲気も

伝わりやすいからです。

 

 

私は外で自撮りをするのがとても苦手なので、

基本家の中でまとめ取りすることが多いです。

 

 

 

家の中で撮る時は

白い壁を背景に撮っています。

 

家の中を写すより

顔の映え方を考えて

白い壁を選んでいます。

 

 

 

また、

パソコン作業をしている時は

背景にパソコンが映るように

 

私の日常がなんとなくわかるような

写真を撮るように意識しています。

 

 

 

{D8DE9653-B447-4C95-B132-334FB12EC42C}

 

 

 

———————————————-

【まとめ】

1、写真の加工はズルじゃない笑

 

2、一発で自撮りが決まるのはビューティプラス

 

 

3、写真の大きさは1:1の正方形

 

 

4、自分の顔写真全体の2分の1以下にする

 

 

5、お出掛け時やPC作業しているときなど

自分の日常が伝わりやすいように背景を写す

 

———————————————-

 

 

 

いかがでしたか?

一言で自撮りと言っても

実は色々奥が深いものなんです。笑

 

 

 

ご参考になれば幸いです(*^^*)

 

 

 

インスタグラムも是非♩

Instagram

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    【 普通のママだからこそ、起業で人生を変える】 起業・集客コンサルタント 子供と一緒に自宅で学ぶ オンラインママ起業塾主宰。 時給900円の普通のママから起業して 11歳7歳5歳0歳の子供を育てながら 0歳の子供と一緒に自宅で起業コンサル ビジネスを学んで3ヶ月で月商85万 その2ヶ月後に月商200万、翌年月商450万達成。 顧客0からわずか1年半の間に、 国内外問わず200名以上へコンサル実績。