売り上げが伸びない人の原因・改善方法

時給900円の普通のママから起業して

3ヶ月で月商85万→
月商200万→
月商450万→
年商5000万

2歳7歳9歳13歳
の子どもを育てながら
おうちで会社を経営する
起業・集客コンサルタント

日本総合コンサルティング株式会社
代表取締役

小桧山(こひやま)美由紀です。

 

✨発売1週間で大手書店5店舗で
ベストセラー1位✨
年商5000万起業家ママの
ハッピーリッチな思考法
全国書店・Amazonにて
発売中!
1,500円(税別)

 

売り上げが伸びない人の原因・改善方法

 

今日のお話は

起業して
月商50万くらいまではいったけど、
そこからの売り上げに
伸び悩んでいる方へ向けて

 

『売り上げの伸び悩みから脱却する方法』
をお伝えします。

 

これから起業する人や
月商50万未満にとっては
まだ先の話には
なってしまうと思いますが

まだ起業していない人でも
わかりやすいように
お伝えしているので

今後起業して
売り上げに躓きたくないな
と思う方は是非ご覧ください。

 

 

それでは早速
本題に入っていきましょう。

 

売り上げが伸び悩む原因

 

皆さんはある日突然
砂漠に迷い込んで

何日も水を飲んでなかったら、
水が飲みたいと思いますか?

 

質問を変えます。

皆さんは砂漠にいる人に
水を売るのは
簡単だと思いますか?

 

砂漠で喉が
カラカラの人に対し
水を売るのは簡単です。

喉が渇いて渇いて
今にも倒れそうな人に対して
水を提供することは
決して難しいことではありません。

 

では砂漠では
そんな簡単に売れた水も
街中で売ったら
どうなるでしょうか?

 

  • スーパー
  • コンビニ
  • ドラッグストア

 

どこでも手に入るような水を
皆さんは本当に街中で
売ることができますか・・・?

 

 

多くの人はここで
「いや〜そんなに競合がいるんだから
 わざわざ自分から買わないだろうな」
「そんなライバルが多い場所で
 売るのは難しい」
と思うのではないでしょうか?

 

ではなぜ、砂漠では
いとも簡単に水を売ることが
できるのでしょうか?

これは
「今すぐ欲しい」
と思っている人に対し
水(商品)を
差し出しているからです。

 

「今すぐ欲しい」
「何円でも欲しい」
と言う状態の人に売ると言うのは
売れて当たり前の
状態にあると言えます。

 

起業して、
ある一定のところまでは
このように
”欲しいと思っている人にだけ売れば”
売り上げを上げることができますが

この”欲しいと思っている人”
へ売り切ってしまえば
もうそれ以上
”欲しいと思っている人”
はいなくなるるわけですから

つまり
『売り上げがそれ以上上がらない状態』
になります。

 

 

もちろん人の流れは
変わりますから、
毎月一定数は
”欲しいと思っている人”が
またきますが、
それでもやはり一定数

 

毎月その人たちに
売り切ってしまうと、

それ以上は売ることができない。
=売り上げに伸び悩む状態
ができてしまうのです。

 

私が起業した当時から
いる人達を見ても
かろうじて残っている人でさえ
今なお月商50万にも
満たないであろう人たちが
多いと言えます。

(そもそも残っている人が少ないです・・・
その理由は
【起業失敗】起業しても3年で消える
事実を暴露します
でお話ししています)

 

月商50万と月商1000万の差って何?

 

私は普段
コンサルティング会社を経営していて

  • コンサル
  • セミナー
  • オンラインサロン
  • スクール運営 など

様々なコンサルティング業務を
行なっていますが

 

例えばその内の
1つであるスクール事業は
毎月1000万以上は売り上げがあり
女性としてこの規模で
スクール運営ができている人は
他にいないと思います。

 

では、なぜ
月商50万にも満たないであろう人たちと
月商1000万以上得られる人が
いるのでしょうか?

この差は一体なんだと思いますか?

 

  1. 運が良いから?
  2. 商品の種類がたくさんあるから
  3. お客さんがいっぱいいるから

 

皆さんは1、2、3
どれが正解だと思いますか?

 

 

答えは3+αです。

 

???

 

すいません謎すぎましたね。

 

正しい答えは
3だけど、3だけじゃなくて
3にプラスαで

”ある層”からの
お客様が多いからです。

 

詳しく解説していきますね。

 

月商50万にしかならない人は
“元々買う意識の高い人”
にだけ売っている状態です。

 

当然ですが
元々買う意識の高い人の
存在自体が少ないから
結果として
買っていくお客さんが少ない

だから

その層に売り切ってしまえば
それ以降は売り上げが伸び悩む

 

先ほどの例で水言えば
もう喉がカラカラで
いくら払ってでも
水が欲しいという人へ
水を売っている状態

つまり、
求めてる人にしか
売ることができていないと言うこと。

これでは売り上げに
すぐに限界が来てしまいます。

 

では、
元々買う意識の高い人だけに
売ることがいけないなら

それなら欲しくない人にも
押し売りしていけば良いのか?

 

答えはNo

 

欲しくない人に売ることほど
嫌われることはないですし
そもそも欲しくない人は
売られても買いません(笑)

だって欲しくないんですから。

 

ゴキブリ100円で売られてたとしても
絶対買わないのと同じです。

欲しくないものは欲しくない
買いたくない、いらないものは
押し売りされたところで
誰も買わないのです。

 

 

売り上げを伸ばす方法

 

ではどうしたら良いのでしょうか?

これが、
月商1000万以上になる人がやっている
”ある層”からの
お客様を増やすことです。

 

この”ある層”
皆さんは何だと思いますか?

答えは
『商品に興味のない層』です。

 

つまり

元々自分の商品に興味のない人からも
自分の商品に興味を
持ってもらうということ

砂漠で喉がカラカラの人に対し
水を売ることは誰にでもできますよね

 

では街中ではどうですか?

喉がカラカラの人は
スーパー、コンビニ、ドラッグストアに
自分から行って水を買うことでしょう。

あなたが現れる前に
既に水を手に入れている人が大勢いる
これが街中の現状です。

 

ではそんな街中で水を売るには
どうしたら良いと思いますか?

 

答えは
『水が飲みたいと思っていない人に
 水を売りにいく』

つまり
『元々商品に興味のない人に
「欲しい」と思ってもらうということ』
です。

 

 

もちろん先ほど同様
押し売りは違います。

「オラオラ俺の
 水が飲めねーのかよおおおお」
なんて間違ってもやらないでくださいね。

 

冗談はさておき
水が飲みたいと思っていない人に
水を買ってもらうとは
一体どう言うことなのでしょうか?

 

実は、水が飲みたいと言うのは
何も喉がカラカラな人だけではありません。

  • ちょっと街を散策して一休みしたい人
  • 少し疲れちゃったなぁなんて思っている人
  • 今日はなんだか暑いなぁと感じている人

 

本人たちは
『水を飲めばその状況が改善される』
と言うことにまだ気づいてないけど

実は水を飲めば
その状況が改善される
と言うことを教えてあげる、
気づかせてあげる

これが『商品に興味のない層』に
商品を買ってもらう集客方法です。

 

 

実例

 

例えば私は
マレーシアに移住する前
日本で小顔整体
通っていました。

 

元々私は小顔整体に全く興味がなく
むしろ『小顔整体』なんて
言葉さえも知りませんでした。

きっかけは
アンチエイジングをしたいなぁ
なんてことから
フェイシャルエステでも行こうかなと
思ったのですが

この時私の中では

  • フェイシャルマッサージ
  • フォトフェイシャル

などを考えていました。

 

そんな”エステ”と言う言葉は頭にあっても
“整体”と言う言葉はない中で
私が小顔整体にたどり着いたのは

『小顔』という
文字からでした。

 

元々はアンチエイジング
考え始めたエステ

ですが私は探しているうちに
アンチエイジングではなく
『小顔』になりたかったことを
思い出しました。

 

結局のところ
アンチエイジングというより
『綺麗』になりたかったのです。

そこで『小顔整体』に出会い
実際に通い、その魅力に気づいたことで
私はマレーシアに移住する数日前まで
トータルで言うと1年近く
その小顔整体に通い続けました。

 

アンチエイジングへの
興味をきっかけに
綺麗になりたいという
自分の気持ちに気づき

結果、小顔整体に1年通うと言う流れです。

 

これがまさに
興味のない顧客層も集客できる
集客方法なのです。

 

 

砂漠ではどんな水でも売れます
でもその”買って当たり前の人”にしか
売れないやり方ではすぐに顧客がいなくなり
一定以上の売り上げを
上げることはできないのです。

 

そのことに気づかず
『こんなに水が売れるなら、
もっと人が多い街でももっと売れるはずだから
もっとたくさん水を仕入れて街へ行こう!」
なんて強気で行ってしまったら・・・
それは一気に転落するでしょう。

 

“今売れている”
真っ只中の人は気づきません

ですが、
穴から抜け出せなくなった時初めて
”やり方を間違えた”
ということに気づきます。

 

最初から穴に
はまらないようにやっていく
これがメンタル的にも
楽しくやっていける
起業での成功ルートだと
私は実感しています。

 

今日の内容をまとめ

売り上げが伸びない人の原因は

元々買う”意識の高い人”にだけ
売っている状態

 

改善方法

元々商品に全く興味のない層に

  1. 自分の本当の悩みに気づかせてあげる
  2. その状況を自分の商品で改善することが
    できることを教えてあげる

以上になります。

 

いかがだったでしょうか?

 

 

あなたの経営は
砂漠で水を売る販売方法に
なっていませんか?

 

売り上げの上限を破りたいなら
街でも水が売れる
集客方法を身につけ

そして穴に落っこちない
起業ルートで進んでいきましょう。

 

【その他現在お申込み可能な日本総合コンサルティング株式会社のサービス一覧】

起業スクール”ハッピーリッチママ”
>>起業コース・認定講師コース

【動画講座】起業基礎ノウハウ・SNS集客の基本を学ぶお得なセット
>>4講座動画セット

小桧山美由紀に直接相談できる個別コンサルetc…
>>他サービスはこちら

 

🎁公式LINE登録5大特典🎁
<失敗しない起業の始め方5ステップ>
無料プレゼント
——————————
<ステップ1>
【時給900円→年商5000万になった理由】

<ステップ2>
【起業の種類】

<ステップ3>
【起業のやり方】

<ステップ4>
【起業の手順】

<ステップ5>
【起業で成功する為に】
——————————

>>4300人以上が登録LINE@はこちらから1秒
登録できない方は@を忘れずに @lhm0638r でID検索をお願い致します^^

 

 

【無料】15日間で学ぶ!0からの起業超濃厚講座
無料レッスンはこちらから

 

公式ブログ
youtube
Instagram
Facebook
公式LINE
メルマガ

 

■小桧山美由紀プロフィール■

■日本総合コンサルティング株式会社代表取締役
起業・集客コンサルタント

1985年生まれ、千葉県市川市出身

2006年生まれの長女
2010年生まれの次女
2013年生まれの長男
2017年生まれの三女を育てる4児の母

短大卒業後すぐに20歳で長女を出産。
24歳で次女を出産し、夫の転勤により愛媛へ。

27歳で長男を出産した後、京都、大阪、名古屋と転勤を繰り返し、
孤独な専業主婦生活を送る。

30歳の時、長男の保育園が内定したことを機に
時.給900円の事務のパートを始める。

31歳の時、友達から「このブログ見て!」と
某有名起業家のブログURLが記載された一通のLINEが届き
初めて起業の世界を知る。

「あの時やっぱりやっておけばよかった」と
不満・後悔ばかりの人生を変えたくて

時給900円のパートを続けながら起業を決意し
開始直後に4度目の転勤で名古屋へ引っ越しながらも

ビジネスを学び始めて3ヶ月で月商85万、
その後月商200万→月商450万→年商5000万

子どもが風邪をひいても
いつでも家にいてあげたい
学校からの帰宅を家で待ちたいという想いから、
コンサルはzoom・LINE電話・動画を使った完全自宅style。

北海道から沖縄、更にはドイツやアメリカ、シンガポール、タイ、アイルランドなど
国内外問わず2000名以上の起業家・サロン経営者・起業志望者へコンサルし
多くのママを月商150万、月商200万、月商300万、月商400万、
月商450万、月商640万、月商1500万、年商2500万、年商3000万etc..に育てあげる。

コンサルタントとして活動する傍
32歳で三女を出産。

現在は
♦︎コンサルタントとして本を出版し発売1週間で大手書店5店舗でベストセラー入り

♦︎13ヶ月連続満員御礼でブログ集客・文章術セミナーを開催

♦︎1期~7期まで全て
一般募集無しの先行案内・先行案内前に満員御礼
オンラインママ起業塾主宰

♦︎クライアント100名超えのママの為の起業スクール代表

♦︎4人の子どもをワンオペ育児×起業=年商5000万

♦︎マレーシアにて親子留学移住

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

【 普通のママだからこそ、起業で人生を変える】 起業・集客コンサルタント 子供と一緒に自宅で学ぶ オンラインママ起業塾主宰。 時給900円の普通のママから起業して 11歳7歳5歳0歳の子供を育てながら 0歳の子供と一緒に自宅で起業コンサル ビジネスを学んで3ヶ月で月商85万 その2ヶ月後に月商200万、翌年月商450万達成。 顧客0からわずか1年半の間に、 国内外問わず200名以上へコンサル実績。