【起業ノウハウ】お客様が来るお茶会の作り方

おはようございます。
大笑育児とママ起業
小桧山(こひやま)美由紀です!

 

本日は
【理想のお客様が来るお茶会の作り方】
について。

 

image

 

皆さんはお茶会や朝活をする時に、

 

お茶会やってみよ〜♡
どんなお茶会にしよっかな〜?

 

なんて考えてはいませんか?

 

実は、お茶会にしても朝活にしても

 

自分のお客様になる人に来て欲しいのなら

 

きちんとした順序で
お茶会を作る必要があるんです!

 

 

では、早速レシピを紹介。

 

【本日のメニュー】
自分のお客様に繋がるお茶会

 

【材料】
《なぜ》《何を》《誰に》《どうやって》

 

【残念な作り方】
1.お茶会しようかな〜
2.どうやって集客しようかな〜
3.どんな内容にしようかな〜
4.誰呼ぼうかな〜

 

なんて順番で考えてはいませんか?

 

でも、この順番で考えるのって
実は間違ってるんです!

 

じゃあ正しい順番は?

 

【とってもgoodな作り方】
1.なぜお茶会をするか
2.どんな内容にするか
3.誰を呼ぶか
4.どうやって集客するか

 

お茶会しようと思ってから
内容やターゲットを考えるのではなく

 

「なぜお茶会をするか」
それがとても重要なんです!

 

{B817FC95-BBDE-475A-9534-7BD20750C42A}

 

まず、
「なぜお茶かをするか」から考えます。

 

例:子どもに自転車の乗り方教えるの大変だったから、うちが30分で乗れるようになったコツをみんなにお伝えしようかな

 

そして《なぜ》の部分を追求すると
お茶会内容は《何を》やるべきか、
自ずと見えてくるはずなんです。

 

例:「子どもが自転車を30分で乗れるようになるとっておきの裏技!」

 

これで、
《なぜ》と《何を》が決まりました。

 

次は《誰に》ですが、
内容が決まれば、誰に伝えるかというのも自然と決まってきますよね!

 

例:自転車に挑戦中の子どもを持つママ。
4歳から6歳くらいのママ。

 

そして最後は《どうやって》人を集めようかな

 

4歳から6歳くらいのママなら
例:Facebookやブログ、児童館で声掛けかな

 

{77A2C786-8E5E-4C51-A9E4-21E65823B4AF}

 

という手順でお茶会を作っていくと、

 

何がしたいかよくわからないお茶会ではなく

 

しっかりとした目的のお茶会ができ、

 

参加する方もその意思に沿った参加者が
集まると言うわけです(*^^*)

 

考える順番が違うだけで、
来て下さるお客様も全然変わってくるんです!

 

参考になれば嬉しいです(*^^*)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

【 普通のママだからこそ、起業で人生を変える】 起業・集客コンサルタント 子供と一緒に自宅で学ぶ オンラインママ起業塾主宰。 時給900円の普通のママから起業して 11歳7歳5歳0歳の子供を育てながら 0歳の子供と一緒に自宅で起業コンサル ビジネスを学んで3ヶ月で月商85万 その2ヶ月後に月商200万、翌年月商450万達成。 顧客0からわずか1年半の間に、 国内外問わず200名以上へコンサル実績。