【前編】起業しようと思った時に 不安な気持ちはありましたか?

こんばんは。

 

大笑育児とママ起業

小桧山(こひやま)美由紀です。

 

 

【起業の基礎をしっかり固める超集中1ヶ月講座】

LINE@から「詳細希望」とメッセージを頂けたら

日程・参加費等の詳細をお伝え致します♡

 

 

【起業しようと思った時に  不安な気持ちはありましたか?】

 

 

image

 

 

先日開催した

リピーターに囲まれる♡愛されサロンの作り方講座の中で

出た質問の1つに

 

 

 

「起業しようと思った時に

不安な気持ちはありましたか?」

という質問がありました

 

私が起業したいと思った時は

「本当に私にできるのかなぁ」

「上手くいくのかなぁ」

という思いが、すごくありました。

 

不安な気持ちはもちろん

 

自信なんかこれっぽっちも

ありませんでした。

 

そしてそれを後押しするかのように

 

私には何の経験も

ありませんでした。

 

image

今までも、少し興味を持った事でも

なんだかんだ理由をつけて

結局やらずじまいの私。

 

かつてネイルの勉強したいと思った時には

ネイルの学校に通っていた友達に話を聞き

自宅近くの学校調べ資料まで請求しました。

 

そこまでしたけど結局・・・

 

「やっぱり学校まで距離があるなぁ」

「この学費の元は取れるのかなぁ」

「就職先はあるのかなぁ」

 

とかいろんな理由をつけて

結局やらずじまいでした。

 

なので、私の場合深く考えすぎると

 

なんだかんだ理由をつけて

やらなくなることが

 

もう毎度のパターンと

わかってたんですね

 

image

 

ただ実はこれ・・・

 

私の場合だけではなく

誰でもよくあることなんですね。

 

というのも

人間にはホメオスタシスと言う

 

元の状態に戻ろうとする

現状維持機能が働くので

 

 

元々何もやってない状態の人が

新しいことを始めようかなと思っても

 

その瞬間に決断しない限り

 

元のやってない状態に

戻ってしまうという

 

当たり前の事なんですね。

 

(そりゃそうですよね・・・滝汗

普段の日常を考えても

 

思い立ったその瞬間が

1番やる気MAXで真顔

 

時間が経てばそのモチベーションは

どんどん下がって行く訳ですから・・・滝汗

 

今まで正にこの当たり前の機能で

ずっと何もできなかったわけです。

(言い訳?笑)

 

image

 

起業したいと思ったときには

このホメオスタシス効果のことは

まだ知らなかったのですが

 

今までの自分を思い出した時に

悩んでいても結局やらない

今までと何も変わらない

ということをわかっていました。

 

今まで何もやらなかったんだから

今回やらなかったら・・・

 

これからも一生の何も挑戦せず

このまま何もせず

 

「あの時あぁすれば良かった」

「あの時こうすれば良かった」

 

と後悔しながら

生きていくのだろう

 

と言う事だけは何となく感じました。

 

それを考えたときに・・・

 

後編へ続く

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

【 普通のママだからこそ、起業で人生を変える】 起業・集客コンサルタント 子供と一緒に自宅で学ぶ オンラインママ起業塾主宰。 時給900円の普通のママから起業して 11歳7歳5歳0歳の子供を育てながら 0歳の子供と一緒に自宅で起業コンサル ビジネスを学んで3ヶ月で月商85万 その2ヶ月後に月商200万、翌年月商450万達成。 顧客0からわずか1年半の間に、 国内外問わず200名以上へコンサル実績。